読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

第二回 オカ子と学ぶポケモン都市伝説

f:id:kotokapika:20161101193243p:plain

こんばんは皆様。オカ子です。

今日もポケモンに関する都市伝説や噂を紹介して参ります。

 

その前に注意事項を説明させていただきます。

これから紹介していく都市伝説や噂はあくまでも非公式のものです。

中には公式設定も含みますが大半はファンが考察した二次創作でございます。

それを踏まえてお楽しみいただければ幸いです。

 

「オカ子と学ぶ都市伝説」、第2回のテーマは「レッド」!

レッドと言えば、ポケットモンスター赤緑・FRLGの主人公であり、アニメ版ポケモンの主人公・サトシのモデルになった人物ですね。

ポケットモンスター金銀HGSSでは裏ボス的な存在として登場し、バトルすることができます。

最近だとフィギュア化もされた大人気のトレーナーです。

f:id:kotokapika:20161102223311j:plain

↑赤緑レッド

f:id:kotokapika:20161102223344j:plain

↑FRLGレッド

そんなレッドにも様々な都市伝説が存在します。

 

 

・レッド死亡説

実はレッドは亡くなっているという都市伝説。

何故このような都市伝説が噂されるようになったのでしょうか。

 

レッドは金銀やHGSSでは殿堂入り後、シロガネ山の洞窟内(HGSSでは山頂)でバトルができるのですが、話しかけたりバトル中も終始無言です。

f:id:kotokapika:20161102224212j:plain

また、バトルが終わると画面が暗転し、レッドはその場から消えてしまいます。

後日再戦することはできますが、何故バトル後消えてしまうのでしょうか。

更に、マサラタウンにいる母親から話を聞くと、レッドは長期間家に帰っておらず、連絡も取り合ってない。とレッドの安否を心配する台詞が聞けます。

 

終始無言、バトル後に消失、長期間音信不通…このことからレッドはシロガネ山で亡くなっており、バトルできるレッドは幽霊なのではないかと言われています。

秘伝技のフラッシュ必須なシロガネ山でフラッシュを覚えたポケモンを連れていない(ピカチュウは覚えるがレッドのピカチュウは覚えていない)のは、幽霊だから暗闇でも目が利くのではないかという説もあります。

 

 

・レッドの正体はギラティナ

ポケットモンスタープラチナから登場し、ゲームパッケージや映画の主役に抜擢された伝説のポケモンギラティナ

f:id:kotokapika:20161102232712p:plain

このギラティナの正体がレッドではないのか。という説があります。

 

「プラチナ」を日本語に訳すと「白金」と表し、白金は「しろがね」と読むことができます。

このことからギラティナとシロガネ山は何かしらの関係があるのではないでしょうか。

また、ギラティナの専用技「シャドーダイブ」は1ターン目に消えて2ターン目に攻撃するという特殊な技です。

これはバトル後すぐに消えてしまうレッドと同じ行動にも見えます。

 

ギラティナのタイプがドラゴン・ゴーストで、ゴーストタイプ(霊)というのもレッド幽霊説に拍車をかけているのではないでしょうか…。

 

 

・その真相は

死亡説、幽霊説が有名になってしまったレッドですが、HGSSでその真相が明らかとなりました。

 

レッドとの勝負に勝った後、グリーンに話しかけると「おまえ すごいな!
レッドと たたかって かった らしいじゃないか!」と言われます。

何故勝負を見ていたわけでもないグリーンが、主人公がレッドに勝ったことを知っているのでしょうか。

 

…皆さんお察しの通り、この台詞から主人公とのバトル後、レッドがグリーンに連絡をしていた、というのが分かりますね。

つまり、レッドは生きている。ということになります。

 

赤緑発売から実に13年かかり、その真相が明らかになりました。

 

更に、レッドはポケットモンスターBW2のバトル施設「ポケモンワールドトーナメント」のチャンピオンズトーナメントに参戦したり、ポケットモンスターサンムーンには、グリーンと共に「バトルツリー」に参戦していることが分かっております。

f:id:kotokapika:20161103003056p:plain

↑SMレッド

 

レッドは赤緑のサントアンヌ号のボーイや、SMでグリーンに無口と言われているので、台詞のほとんどが「…」だったのではないでしょうか。

f:id:kotokapika:20161103003502j:plain

SMでのレッドの活躍にも期待ですね!

 

 

今回の都市伝説はここまでとさせていただきます。

また次回をお楽しみください。

最後までおつきあいくださりありがとうございました!

 

にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村

よろしければポチッとお願いいたします!